くれ ない の 二 尺 伸び たる 薔薇 の 芽 の 針 やわらか に 春雨 の ふる。 教科書の短歌/中学校教材に収録の近代歌人の作品/正岡子規斎藤茂吉若山牧水石川啄木与謝野晶子

近代短歌への道 正岡子規「くれなゐの二尺伸びたる薔薇の芽の針やはらかに春雨のふる」 鑑賞から短歌のコトバを考える

やわらか ふる の たる 芽 に の 二 針 くれ 薔薇 伸び の ない の 尺 春雨

子規は実際デッサンも行ったので、その際の物の見方が歌にも反映していることを思わせます。 それを漢字で書き直してもらいます。

先生の現代文授業ノート「近代短歌/正岡子規」

やわらか ふる の たる 芽 に の 二 針 くれ 薔薇 伸び の ない の 尺 春雨

>「瓶にさす藤の花ぶさみじかければ たたみの上にとどかざりけり」 俳句というのは、元々、これだけで文学作品としては自立せず、状況説明などが必要になります。

沼津市立第四中学校

やわらか ふる の たる 芽 に の 二 針 くれ 薔薇 伸び の ない の 尺 春雨

2015年04月15日 冬に逆戻りのような寒い日が続いていましたが今は束の間の晴れです。

15

近代短歌への道 正岡子規「くれなゐの二尺伸びたる薔薇の芽の針やはらかに春雨のふる」 鑑賞から短歌のコトバを考える

やわらか ふる の たる 芽 に の 二 針 くれ 薔薇 伸び の ない の 尺 春雨

ここから、花房がたたみに触れるか触れないかということを、わざわざ短句で詠むということは、作者の視点が、床のたたみ近くにあるからではないかということが出てきます。 表現技法と句切れ: 4句切れ 解説 「はてなむ国ぞ」は、反語的な表現で、「あるのだろうか・・・ないに違いない」という結論であり、「終てる国」を想定することで、作者の尽きることのない内心の寂しさを対比させて提示している。 「季節は春で、雨が降り、桜は散ってしまった。

近代短歌への道 正岡子規「くれなゐの二尺伸びたる薔薇の芽の針やはらかに春雨のふる」 鑑賞から短歌のコトバを考える

やわらか ふる の たる 芽 に の 二 針 くれ 薔薇 伸び の ない の 尺 春雨

詩を読む際に、文法か想像力のどちらを優先するかと言われて、文法と答えるのは、あまり面白くないかもしれませんね。 語順がもたらす詩のコトバの力 これが、詩や歌を鑑賞する時に、やるべきことのひとつです。 でも僕は薔薇を育てたことがないのです。

11

くれないの二尺のびたる薔薇の芽の針やはらかに春雨の降るこの短歌は、作者が見てい...

やわらか ふる の たる 芽 に の 二 針 くれ 薔薇 伸び の ない の 尺 春雨

しかし、ちょっと辞書を引いてみましたが、先端を針と呼ぶのは難しそうな気がします。